スタッフブログ

井原浩薫

眼鏡

[2019/02/26]

スタッフ:
井原浩薫
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆さん、こんにちは^_^

私事で恐縮ですが、眼精疲労による慢性の肩凝りが原因で眼鏡を買い換えました‼︎
リンパマッサージや揉みほぐし、そして整体でも眼の疲れや凝りが解消されず、遠近両用眼鏡を近視用だけのレンズの眼鏡に交換しました。
PCを使う事務仕事などには適しませんが、車の運転に従事する時間が長い私にとっては、近視用だけの方が少し眼の疲れや凝りが解消された様な気がします。

買い換えにあたり調べてみると、用途に応じて5種類のレンズがある事を知りました。
遠用:遠くにピントを合わせたもの
遠中用:遠くがメインで近くを見ても疲れにくいもの
遠近両用:遠くがメインで近くがちょこっとだけのもの
近々用:パソコン画面~手元重視のもの
中近用:運転はできないがTVや室内が見渡せるもの(※近くがメインで少し先まで見える)

用途に応じて5種類を使い分ければ、眼精疲労もなくなるのでは…⁇
しかし眼鏡5本はちょっと…、せめて3本を使い分ければと、中近用眼鏡の購入を検討中です^_^

井原浩薫

トキメキ

[2019/02/12]

スタッフ:
井原浩薫
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 
 皆さま、こんにちは。
 もう2月中旬。2月は逃げるといいますが、あっという間に2月が終わり3月を迎えるのでしょうね。
歳を取ると時間が立つのが早い‼︎しみじみとそれを感じます。
 先日、E新聞の地軸に、時がたつのが早く感じるのは、
“トキメキがなくなったからbyNHKの「チコちゃんに叱られる!」”
とありました。
時がたつのが早く感じるのは「トキメキ」がなくなったからとは⁉︎
いったいどんな放送だったのか気になり、ネットで検索して見てみました。
 
時間の感じ方はには、心がどのくらい動いているのかが重要らしく、トキメキをどのぐらい感じるかで変わるそうです。 
 
 例で言われていたのは、子どもと大人の食事の差。
 子供は、「今日のご飯は何?」「どんな味?」「作り方は?」等、色んな発見を食事中に感じており、これが多くのトキメキとなるそうです。
 一方大人は、ただ食事をするという事実だけで、ただの作業になってしまいそこにはトキメキは生まれません。
 
 大人になると毎日同じ作業の繰り返しに感じられ、印象に残る出来事は少なく、トキメキが少ないそうです。そのため、大人たちの1年はあっと言う間に過ぎていってしまうそうです。
 
 私と同世代の皆さま、今一度子どもの気持ちに戻り、新鮮な気持ちで日々の生活を過ごされてみませんか?
 心がけ次第で、昔のように1日が長~く感じられるようになるかもしれませんよ^_^
 

井原浩薫

フグとカワハギ

[2019/01/29]

スタッフ:
井原浩薫
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆さま、冬本番。
お魚の美味しい季節ですが、フグ、カワハギ、どちらがお好きですか?

どちらも味はよく似ていますが、食感と肉色が若干違いますよね~。

肉質はフグの方が固めで、カワハギの身には透明感があります。
フグの身は時間が少し経っても固く歯ごたえがあり、カワハギは少し柔らかくなります。
どちらも美味しいお魚ですが、大きな違いは肝が食せるか?…と、お値段の違いですね~。

庶民の私は、当然、お値段の安いカワハギ派です^_^
今夜のメニューは、ハギ刺しと鍋に決定‼︎

今日はお休みなので、スーパーへ行って料理をします^_^

井原浩薫

元号

[2019/01/15]

スタッフ:
井原浩薫
カテゴリー:
プライベートダイアリー
皆様、巷ではインフルエンザが流行り始めましたが、大丈夫ですか?
うがいや手洗いを励行され、マスクするなどして予防に努められて下さい。

さて、今年は平成最後の年ですね。
‪5月1日に改元され、新しい元号になります。‬

この元号ですが、日本でこれまでに使われた元号は247あるそうです。

近代以前は天皇の代替わりや、吉兆、厄災などをきっかけに改元され、歴史的な出来事に元号をつけて呼んだりしていたようです。

元号の最長は『昭和』で、62年、最短は鎌倉時代の『暦仁(りゃくにん)』は2カ月余りだそうです。
SNSなどでは、下記の通り、予想合戦が白熱しているみたいです!

4月に発表される新しい元号が何になるのか?…楽しみですね^_^

井原浩薫

エシレのお菓子知ってますか?

[2018/12/25]

スタッフ:
井原浩薫
カテゴリー:
プライベートダイアリー
 皆さまこんにちは。今日はクリスマスですが、クリスマスケーキの話題ではなく、またまたお菓子の話です。
先日、東京に行った友人から「エシレのサブレサンド」をお土産にいただきました。
伊勢丹新宿店本館地下1階にOPENしたばかりのようで、行列ができていたそうです。
               ↑
調べてみると、10月24日に常設店としてオープンしたようです。

エシレのお菓子は、優れた乳製品の産地として知られるフランス中西部・エシレ村で生産されるクリーミーな口あたりと、芳醇な香りが特長の発酵バター、エシレバターを使ったお菓子です。
 
さて今回いただいたサブレサンドですが、ブール、ラムレザン、ピスタージュの3種類あり、どれも大変おいしかったのですが、私的には、ブールが一番好きでした。
たま~に、本当にたま~に買うエシレのバターですが、お値段が可愛くないんですよね。
高級バターを使ったお菓子、皆さんも東京に行かれた際、買ってみてくださいね。
【弊社ロードサービススタッフから一言】
ロードサービスのご利用は、対応日時をご指定することも可能です。
お電話の際に、ご相談下さい。