シトロエン松山

スタッフブログ

井原浩薫

シトロエン=フランス=フランスと言えば…。

[2015/09/08]

スタッフ:
井原浩薫
カテゴリー:
シトロエンについて
シトロエン松山、統括部長の井原でございます。日頃のご愛顧に感謝申し上げます。

シトロエン=フランス=フランスと言えば…。フランスと言えばファッション。ファッションと言えば、フランスですね。フランスにはたくさんのブランドがありますが、今回はシャネルのお話を少々…。

 シャネルは、創業者のガブリエル・シャネル(通称ココ・シャネル)が、1910年に帽子専門店を開店したのが始まりです。その後、衣服、化粧品など徐々に展開を広げていきます。当時は男性用として使われていた、ジャージー素材を取り入れたドレスやツイード素材を取り入れたスーツなど発表し話題となります。
 その後、香水を発売。これが世界的に有名な、シャネル初の香水『№5』です。
 ただし華やかな世界だけではなく、第二次世界大戦時には、自分のお店を閉店せざるをえなくなるなど、苦労も多かったようです。
 晩年は再びモードの世界に返り咲き、オートクチュールのコレクションも再開させました。87歳の時には、香水『№19』を発表し、20世紀の最も偉大なクリエーターとして名をとどろかせました。
 1971年パリのホテルリッツにて突然の逝去となりました。その後のシャネルは、カール・ラガーフェルドが引き継ぎ、新しいファッションを作り出しています。

少し話は変わりますが、一般的には、欧州車の方が国産車に比べてデザインが優れていると言われています。しかし欧州車にも日本人デザイナーがデザインした車が数多くあります。
東京造形大学を卒業し、現在はシトロエンのデザイナーとして活躍している山本拓身さんは、ゲームソフト・グランツーリスモとシトロエンとのコラボレーションで実現したコンセプトカー「GT by シトロエン」のデザインを手がけています。

越智大介

C3 セダクション・レザー登場!

[2015/09/04]

スタッフ:
越智大介
カテゴリー:
シトロエンについて
大変ご好評をいただいておりますコンパクトシトロエンC3の
ベーシックグレード、セダクションにレザー使用車が登場します!
高級感溢れるミストラルレザーシートに、16インチアロイホイールを装備。
ペイントオプション込みの魅力的な2150000円という価格設定です。

唯一無二の開放感 ゼニスウィンドウと軽快な1.2リッターの走りはもちろんそのままです!
豊富な5色のカラーバリエーションも嬉しい新しいC3です。

是非、シトロエン松山ショウルームへお問い合わせ、ご来場下さいませ!

CITROEN松山スタッフ

シトロエンの魅力

[2015/01/31]

スタッフ:
CITROEN松山スタッフ
カテゴリー:
シトロエンについて
はじめまして。シトロエン松山、井原です。

シトロエンの魅力について一言!

シトロエンの魅力は、独特のサスペンションと
乗り心地に良い高級感が溢れるシートです。

しっとり包み込み独特のドライブ感覚を演出するのが、
シトロエンの魅力と言えるでしょう。

私の中には、シトロエンと言えば、油圧式で車高調整できる
シトロエンGSとCXの2台です。
幼少の頃、007シリーズの映画に登場したのを今も覚えています。

老後に、クラッシックなGS・CXで、ゆったりドライビングが夢ですね^_^

CITROEN松山スタッフ

調べてみました!!

[2015/01/22]

スタッフ:
CITROEN松山スタッフ
カテゴリー:
シトロエンについて
CITROEN松山で鈑金整備を担当しております真鍋と申します。
先日インターネットでシトロエンを調べてみました。

第一次世界大戦後、ダブルヘリカルギアと大砲の砲弾製造で財をなした
アンドレ・シトロエンは、軍需工場を転用したパリのセーヌ河岸の工場で起業しました。

現在その場所はアンドレシトロエン公園になっています
ちなみに場所はエッフェル塔の南西約3kmの所にあります。

1934年にミシュランタイヤの系列会社となり、現在でも工場出荷タイヤに
ミシュランを装着しています。
1960年代にイタリアのFIAT、マセラッティーと提携するが、
1976年にPSA(プジョーシトロエン)として傘下になりました。

調べてみると、いろいろなタイヤの中でミシュランを履いている理由がよ~く
分かりました。

この信頼性のあるミシュランタイヤと高級感のあるシトロエンとの相性をどうぞご体感下さい…
    Copyright © PEUGEOT CITROËN JAPON CO.,LTD. / CITROËN Matsuyama All rights reserved.